保育方針

保育園の目的

  • 児童福祉法に基づき、保育を必要とする乳幼児を保育することを目的とする児童福祉施設です。
  • 就労等の理由で日中保育を必要とする保護者を支援するとともに、地域における子育てを応援するところです。
  • 保育士・看護師・栄養士等が専門職として保護者や地域の方々と一緒に、子どもの健やかな成長を見守り、生きる喜びと力の基礎を培います。

保育方針

一人ひとりの発達と個性を認め、豊かな人間性を持った子どもを育成します。

  • 子どもの活動が豊かに展開されるよう安心・安全な環境を整えます。
  • 集団生活の中でお互いを認め合いながら、友達と一緒にいることの楽しさが実感できるようにしていきます。
  • 身近な大人が子どもを愛することで、信頼する心・豊かな心を育てます。
  • 保護者と共に、一人ひとりの発達と個性を認め、自信を持って意欲的に生活できるよう援助していきます。
  • 保護者の思いに耳を傾け、一緒に悩み考えながら、子育てが喜びと感じられるよう共に歩んでいきます。
  • 地域の子育てを支援の拠点として、さまざまな情報を発信し、誰もが気軽に利用できる保育園を目指します。

保育目標

保育園だいすき 笑顔であいさつ、こころもからだも元気な子

  • 目覚めすっきり、3食おいしく食べられる子ども
  • 身体を使って、のびのび元気に遊べる子ども
  • さまざまな遊びに興味を持ち、友だちと関わって遊べる子ども
  • 相手の気持ちに気付き、思いやることができる子ども
  • 人の話をよく聞き、自分の思いや考えを伝えられる子ども
ページの先頭へ